世界各国のビールとサービスノウハウを学びビールの新たな提供方法を習得。

ビール提供者に優先されるもの
・世界各国の個性的なビールをスタイルごとに把握すること。
・ビールのサービスの物理的・科学的根拠を理解すること。
・テイスティングを通じた理解を深めること。

ビアアドバイザーで身につける力
1)好感度の高い接客力
いくらビールに詳しくてもそれだけではお客様の心を掴むことは出来ません。お客様に信頼頂けるビアアドバイザーであるために「もてなしの心」を徹底的に学びます。

2)ビールのテイスティング力
世界各国のさまざまなビールのテイスティングを行います。また、ビールの提供者として最も重要な熱や光などで劣化したビールを見極める能力も身につけます。

3)ビールやビールを取り巻く基礎知識力
生産国や製法、原料そして法律上さまざまに分類されるビールを整理し、効果的な学習方法を学びます。

4)ビールのサービス力
同じビールでも温度の違いや、グラスの形状や材質によって大きく味わいが変化します。このような違いを生む要因をきちんと理解し提供できる能力を身につけます。

5)効果的なメニューやPOPの作成などのセールス力
お客様はビールに詳しい人ばかりと限りません。ビールに詳しくない人の購買意欲を誘うようなメニュー、POPの作成法、さらには効果的なセールストークの手法を学びます。さらに季節別のビールセールスプロモーションも学びます。

カリキュラム
【全資格共通】
酒類の基礎知識
さまざまな酒類と嗜好性食品、飲料の基礎知識
世界の食文化と飲食の効果
テイスティング
サービスの基本
さまざまな酒類と嗜好性食品、飲料のサービス

セールスプロモーション


【ビアアドバイザー】
ビール学習の要点
・ビールとは
ビールの歴史
・ビールの起源と伝播ルート
・欧州におけるビール史
・アメリカのビール史
・日本のビール史
・アジアのビール史
ビールの原料と製法
・ビールの原料
・ビールの製法
各国ビールの特徴
・ヨーロッパのビール
・アメリカ大陸のビール
・アジア、オセアニア、アフリカのビール
ビールのテイスティング
・ビールのテイスティングの目的と手法
・品質の評価
・個性の認識
・テイスティング模範コメント例
ビールのサービス・プロモーション
・ビールのサービス
・ビールのプロモーション


【使用テキスト】
新訂もてなしの基(A4/オールカラー/200頁)

ビールの基(A4/中面2色/130頁)

ビアアドバイザーになる為のプログラム

プログラムのご案内

通信プログラム
時間や場所を選ばず資格取得
受験プログラム 在宅コース
時間や場所を選ばず学習

試験内容

第1次試験
50分(12:30〜13:20)
【筆記】選択式(一部記述式)
もてなしの心、接客のあり方などに関する設問および食品・飲料全般の基礎知識に関する設問。
※FBO認定会員は免除
第2次試験
50分(13:30〜14:20)
【筆記】選択式(一部記述式)
ビールの基礎知識(商品特性・原料・製法・表示・歴史・サービス)に関する設問。
第3次試験
50分(14:30〜15:20)
【テイスティングを伴う筆記】記述式(一部選択式)
ビールの品質の評価、個性の抽出に関する設問。
第4次試験
50分(15:30〜16:20)
【筆記】記述式(一部選択式)
ビールのサービス、セールスプロモーションに関する設問

★通信プログラムにつきましては課題を提出いただきます。会場での試験はありません。

認定グッズ

合格時の認定登録お手続き完了後、認定日までに認定証書と認定章を郵送いたします。
合わせて食品、飲料の総合的な知識を持った「F&Bナビゲーター」の認定証書を発行します。また、認定番号入り「デジタル会員証」の他、「資格者認定シール」を付与しています。
(その他会員特典)
・「会報誌」送付
・FBOホームページ「有資格者」登録
・FBO認定会員割引のご利用
→受講受験料、認定料、 FBO主催のセミナー50%off
※FBOアカデミー、セミナーの一部には適用外の場合もございます。
・ブラッシュアップ受講
→復習に、新たな知識の習得に、各種講習会(1日通学コース)を無料で聴講することが出来ます。
※受験資格は付与されません。
※テイスティング教材は別途定める費用を頂戴いたします。
※FBO公認講師、日本酒学講師、酒匠および「2日間集中プログラム」は適用されません。(詳細はこちら
・メール配信サービス
→お得なセミナー情報や酒類情報が得られます

受験資格
お申込時に満20歳以上の方。
記載内容全てに承諾いただいた方。

受講受験費用
プログラムにより費用は異なります。 詳細はご希望のプログラムにてご覧下さい 。